ローン 借り換え >> ローンの借り換えは総量規制の対象外となる?!

ローンの借り換えは総量規制の対象外となる?!

カードローンでは最高利用限度額がそれぞれ設定されています。300万円や500万円などと定められていますが、必ずしも上限いっぱいに借りられるわけではありません。利用限度額は利用者ごとに決められ、人によっては10万円しか借りられないこともありえます。

この利用限度額を決めるときに、影響してくるのが総量規制です。総量規制は年収の3分の1以上の借入はできないと定めている法律。そのため借り換えのため大きな金額を借りたいと思っても、総量規制のおかげで希望額を借りられないこともあるのです。せっかく借り換えをしたいのに、これではがっかりでしょう。

しかし総量規制では例外を認めているケースがあります。それはローンを借り換えして、一本化する場合です。ローンの借り換えは金利が低くなり、利用者にとってメリットが大きいものです。総量規制では利用者が有益となる場合は年収の3分の1以上の借入をしても良いとしており、ローンを借り換えしての一本化なら大きな金額を借りることもできるのです。ただ通常のカードローンですと、借り換えをして一本化のためだとしても総量規制に引っかかります。ですからおまとめ用、一本化用のカードローンを利用する用にしましょう。

また総量規制の対象となるのは、消費者金融や信販会社などの貸金業のみとなります。銀行は総量規制は関係ありませんので、銀行カードローンであれば大きな金額の借り換えもできることになります。総量規制が気になるのであれば、銀行カードローンにするのもおすすめです。