ローン 借り換え >> ローン会社が借り換えに力を入れている理由

ローン会社が借り換えに力を入れている理由

ローンの借り換えといえば、以前は住宅ローンでした。高額な住宅ローンは、借り換えをすることでびっくりするほど支払い総額が減ることがあります。借り換えをすることで年間100万円近く節約できることも。借り換えをせずに当初の契約のまま支払い続けていると、大きな損をしてしまうのです。

しかし現在では高額な住宅ローンではなく、少額融資のカードローンでも借り換えが行われています。その理由は借入額が少額であっても、金利が低くなれば返済総額を減らすことができるからです。住宅ローンの金額までとは行きませんが、カードローンの借り換えをすることで年間数万円の節約をすることもできるのです。

近年金融機関は高額のローンだけではなく、カードローンの借り換えにも力を入れています。理由は借り換えといった利用者の得となるサービスを推奨し、カードローンの顧客を逃したくないためです。無担保・無保証人で少額から借りられるのがカードローンです。大きな金額を借りるのは気が引けるけれど少額なら気軽に借入ができるといった理由で、カードローンの利用者は増えていますので。

また2010年に改正された出資法の関係で、個人に高額の融資をすることは難しくなりました。そうなると貸金業としては全体の貸付額が減ってしまい、利益に影響が出ることが考えられます。しかし借り換えローンやおまとめローンは1件が高額になりがちであり、総量規制の対象外となることもなります。そのような理由から銀行だけでなく消費者金融でも借り換えローンに力をいれているのです。