ローン 借り換え >> 借り換えローンとおまとめローンはここが違う

借り換えローンとおまとめローンはここが違う

消費者金融や銀行では、借り換えローンやおまとめロ-ンといった商品を提供しています。どちらも他社からの借入を乗り換えるローンとなりますが、この二つ何が違うのでしょうか。

まずおまとめローンですが、こちらは複数社からの借入を一本化するローンになります。たとえば3社からそれぞれ10万円、20万円、30万円と借りていれば、おまとめローンにすることで1社で60万円を借入することになります。一本にまとめることで返済の管理がしやすくなる、1社の借入総額が大きくなり金利が低くなるといったメリットがあります。

一方借り換えローンは複数社の借入を一本化するだけではなく、1社からの借入を他社に乗り換えることとなります。100万円の借入をしていた場合、A社の年利18.0%よりB社の年利14.0%の方が金利の負担が少なくなりますよね。この場合はA社からB社にローンの乗り換えをすることで、金利分がお得となり返済がしやすくなるのです。そして複数社の借入を一本化することも、借り換えローンと呼ぶこともあります。

おまとめローンは複数社の借入を一本化するローン、借り換えローンは複数社の借入を一本化するだけでなく1社の借入を乗り換えることも含まれるローン。これがおまとめローンと借り換えローンの違いです。おまとめローンも借り換えローンも、返済の負担を少なくするために利用するローンです。ローンの目的としては、同様だと言えるでしょう。