ローン 借り換え >> ローンを借り換えすると金利が下がるのがメリット

ローンを借り換えすると金利が下がるのがメリット

ローンの借り換えをするメリットは、金利が低くなることです。カードローンの金利は下限金利と上限金利があり、50万円以下の借入額だと上限金利が適応されることがほとんどです。大手消費者金融でしたら、18.0%の年利がかかってくることになるでしょう。

たとえばA社から30万円、B社から40万円、C社から40万円の借入をしていたとします。それぞれに上限金利がかかることになり、金利の負担は最高になってしまいます。しかし全てのローンを借り換えて一本化してしまえば、合計110万円の借入となります。借入元金が変わらなくても、金利が違うと総返済額に大きな違いが出てきてしまいます。借入総額が50万円以上となりますので、金利が下がる確率が高くなり総返済額を減らすことができるかもしれないのです。

またカードローン会社では、借り換え専用のローンを用意しています。借り換えは借入総額が高くなることが考えられますので、もともと低い金利設定となっているのが特徴です。銀行カードローンであれば、10.0%程度の金利にすることもできます。

現在の総借入額が50万円以下でも、消費者金融を利用しているなら銀行カードローンに借り換えをしても良いでしょう。消費者金融は上限金利18.0%ほどですが、銀行なら14.0~15.0%ほどになります。ですから上限金利が適用になっても、金利の負担を減らすことができるのです。これは大きなメリットと言えます。