ローン 借り換え >> ローンの借り換えは審査が厳しいのがデメリット

ローンの借り換えは審査が厳しいのがデメリット

ローンの借り換えには金利が低くなる、管理がラクになるなどのメリットがあります。しかしデメリットもありますので、知っておきましょう。

ローンの借り換えのデメリットとしては、審査が厳しいことが挙げられます。ローンの借り換えをする1番の目的は、金利を低くすることです。金利が低ければ金融会社としては、儲けは少なくなってしまいます。そして貸付け金額が高くなれば、貸倒れのリスクも大きくなります。ですから誰にでも貸付けをするわけにはいかず、返済能力がある信用できる人にしか使わせないのです。

そのため通常のカードローン審査より、審査が厳しくなる傾向にあります。カードローンの審査には落ちたことがないからと余裕でいても、借り換えローンの審査には通ることができなかったといった方もいるようです。これは借り換えローンのデメリットと言えるでしょう。

特に銀行カードローンは通常のカードローンでも、審査が厳し目になります。借り換えローンになるとさらに審査が厳しくなるわけですから、心して審査に挑まなければなりません。借入件数が3件以上と多かったり、これまでに返済が遅れたりしている場合は信用度が低いとされます。心当たりがあれば銀行カードローンで借り換えをするのではなく、消費者金融で借り換えをするのが良いでしょう。消費者金融でも借り換えは通常のカードローンより若干審査が厳しくなりますが、銀行よりは借り換えをしやすくなっています。