ローン 借り換え >> ローンを借り換えしても借金が減るわけではないので注意

ローンを借り換えしても借金が減るわけではないので注意

ローンの借り換えは返済の負担が減るため、借金があるなら積極的に利用したい方法です。金利が低いローンに借り換えをすれば支払う利息が減りますから、返済総額を減らすことができます。少しでも返済金額が少なくなれば、精神的なゆとりも出てくるでしょう。

しかし注意をしたいのは、借り換えによって借金が減ったと勘違いしてしまうことです。借金が減ったからまだ借りても大丈夫と思い、さらに借入をしてしまうケースがあるのです。どうしても必要であり返済のめどもたっているのならまだ良いのですが、最悪なのは遊ぶお金欲しさで借金を増やしてしまう人。これは自分で自分の首を絞めるようなもの。せっかくローンの借り換えをして返済しやすくした努力が水の泡と消えてしまうので注意してください。

ローンの借り換えをしたら、なるべく新たな借入はしないことです。どうしても借入してしまいそうなら、追加借り入れができない借り換え専用ローンやおまとめローンなどを利用すると良いでしょう。そして借り換えをしてしまったら、今までのカードローンは解約してしまい使えないようにしてしまうのも効果的です。借り換えをして返済総額が減ったのは金利の分だけです。借入元金は元のままであることを忘れないように注意をしましょう。

最悪債務整理や自己破産に追い込まれてしまうかもしれません。そうなると以降はカードローンだけでなくクレジットカードなどの金融商品は一切利用できず、普通の生活が送れなくなってしまいますので注意が必要です。